PEOPLE 04

石井 諒

自動車材料部 2課(双日インドネシア研修中)

初めての海外生活で充実の日々。

習得した語学を活かせる環境が魅力。

入社を決めた理由

当社は樹脂専門商社でありながら、高機能材料(基盤などの電子材料など)から、駅弁用の保温装置など、様々な分野の製品も取り扱っていること、また海外展開も積極的であることに興味を持ち、入社を決めるに至りました。

入社後に感じた会社の良さ

当社は自分の意志さえしっかりしていれば、かなり自由に活動ができると考えています。自分の意志に明確な(数値等の)根拠と説得力があればやらせてもらえるという風土があります。

ビジネス構築のために、いかに言葉と文化の壁を超えられるか。

部署で扱う業務内容

双日インドネシア 合成樹脂課では、ローカルスタッフの営業が4名、バックオフィスが9名の計13名のスタッフを中心とした組織になっています。合成樹脂をメインにインドネシア国内の自動車やバイク、家電等の製造メーカーや部品メーカー、ローカルや日系を問わず販売をしております。

担当する業務

トレーニーとして双日インドネシアにて研修をしています。研修期間 最初の9か月間は語学研修を中心にインドネシア語を学んでいました。現在は双日インドネシアのスタッフとして習得したインドネシア語を駆使し、ローカル会社を中心に営業を担当しております。

仕事の魅力

習得した語学を活かしてローカルのお客様とのやり取りができるところ。言葉と文化の壁をいかに突破していくかを考え、ビジネスの構築にむけ実現できるところだと考えています。社外だけでなく、社内のローカルスタッフとも常に会話をし、一緒になってビジネス構築に努めています。

入社してからの一番の思い出

この海外研修です。これまでインドネシアに滞在したこともなく、初めての海外生活ということもあり、とてもいい思い出となってます。語学研修期間中はホームステイもしており、インドネシア人家族と一緒に生活し、朝から晩までインドネシア語漬けの生活を送っていました。文化の違いや言葉の壁があることから大変なこともありましたが、それを理解することもでき、とても充実した日々を送ることができました。

インドネシアから新規ビジネスを。

将来の夢と目標

今までにない新規ビジネスを立ち上げたいです。インドネシアでそれができれば最高ですね。

休日はどんなことをしてお過ごしですか?

ラグビーとゴルフをしています。渋滞が酷いため移動時間が長く、車内にいる時間が長いこともあり、週末はなるべく汗をかきリフレッシュできるようにしています。

ある日の石井 諒

  • 08:45出社

    メールの確認、当日面談用の資料確認。

  • 10:00社内打ち合わせ

  • 12:00昼食

  • 13:00 顧客との商談

    1日平均1-2社を訪問

  • 15:00 メールチェックと資料作成

  • 18:30帰社

応募者へのメッセージ

自分の意思が一番大事ですが、色々な人の意見や物の見方も大切になります。
アンテナを高くして自分が納得できる就職活動をしてください。

ENTRY

HOME