PEOPLE 03

中村 拓雄

自動車材料部第1課

チャレンジングな社風が大いなる魅力。

「生活に密着した製品」に感じた将来性と可能性。

入社を決めた理由

元々、海外に携わる仕事に興味があり、商社という業界を志望しました。その中で、樹脂という生活に密着したあらゆる分野に使用されている製品を取り扱っているという点に、将来性と可能性を感じた点が入社の理由です。

入社後に感じた会社の良さ

若手にも裁量を持って仕事を任せてもらえる点です。当然、上司・先輩への「報・連・相」は必須ですが、やりたいという意志を尊重してもらえるチャレンジングな社風だと思っております。

海外のお客様との関わりの中で得られる大きな経験。

部署で扱う業務内容

機能材料本部 自動車材料部第一課は課長、営業3名、バックオフィス5名の計9名で構成されています。自動車部品に使用されている樹脂原料をメインに取り扱っています。主な顧客は、ドアミラーやヘッドランプといった樹脂が使用された自動車部品を製造している自動車部品メーカーです。当社は商社なので、自社で樹脂材料は製造していませんが、長年樹脂を取り扱ってきたことで材料に対する深い知見とノウハウを持っています。また数多くの樹脂材料メーカーと強いパイプを持っているため、サプライソースが多く、お客様に対して多角的な提案が可能です。

担当する業務

樹脂材料の拡販提案が主な業務となります。日々の営業活動の中でお客様からニーズを汲み取り、お役立ちできるような提案を考えます。具体的には、より軽くしたい、衝撃や熱に対して強化したい、外観をキレイに見せたい、コストダウンしたいといった要望に対して、該当する材料を提案します。

仕事の魅力

やはり、海外の方々と関わりが持てる点、と思っています。海外のお客様は、文化も言葉も違いますが、樹脂材料に対して抱えている悩みや、求めている材料は日本のお客様と共通していることも多々あります。それらを解決できる提案をすることで、海外のお客様からも感謝され認めてもらえる、わかり合えるという経験ができることが今の仕事の魅力だと考えています。

入社してからの一番の思い出

初めての海外出張です。行先はインドで、もろもろ準備して臨みましたが、インドの方と直接交渉するのも初めての経験だったためなかなか想定通りに進まず、現地駐在員の方に助けられながらやっとの思いでスケジュールをこなしました。帰国した時には疲労困憊でくたくたになった思い出があります。

新興国の発展に寄与したい。

将来の夢と目標

経験を積みながら、知識を深め視野の広い商社マンになりたいです。将来的には新興国の発展に寄与できるような仕事に携わりたいと考えています。

休日はどんなことをしてお過ごしですか?

3歳の息子と家族3人でレジャー、旅行に行くことでリフレッシュしています。 また時間があるときはジムや図書館に行ったり、友人と飲みに行くことも多いです。

ある日の中村拓雄

  • 08:30出社

    メールの確認や当日面談用の資料確認

  • 10:00メーカーとの面談

  • 12:00お客様との商談

    1日平均2~3社を訪問

  • 15:00帰社

    当日の面談レポート作成や、メールの確認、翌日の面談用の資料作成

  • 20:00退社

応募者へのメッセージ

「自分がやりたいこと」を見つめ、悔いのない就職活動ができるよう頑張ってください。

ENTRY

HOME