BUSINESS 02

樹脂原料分野

当社が販売している樹脂原料とは?

石油のもとである原油は、灯油、ナフサ、軽油、重油などに加熱分類されますが、大半の樹脂(プラスチック)はこの中のナフサを主原料としています。

このナフサをさらに加熱し、沸点の差を利用して分離させることでエチレンやプロピレンなどに分けられ、
さらに重合反応させることで、ポリエチレンやポリプロピレンなどの物質となり、これが樹脂(プラスチック)の基礎原料となります。

樹脂販売分野・用途について

当社は樹脂原料であるペレットを次の分野・用途で販売しています。

家電製品用材料

白物家電と呼ばれる冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどに使用されます。(写真はイメージです)

自動車用材料

自動車のバンパー、ドアミラーなどの外装部品、ドアの内装やインストゥルメントパネルなどの
内装部品、エンジン・ライト回りなどの機構部品等に使用されます。

OA機器用材料

プリンター複合機・ファクシミリ・スキャナー・パソコン等に使用されます。(写真はイメージです)

住設用材料

水洗トイレ・バス・洗面化粧台等に使用されます。

樹脂原料を販売する主たるお客様は、樹脂原料を成型してプラスチック部材に加工し自動車・家電メーカー等に納入する成型メーカーです。 

国内メーカーの樹脂原料を国内・輸出するのみならず、海外メーカーの樹脂原料を輸入したり、三国間貿易を行ったりします。

また、樹脂原料だけでなく、樹脂成型を行う為の機械設備などの販売、お客様からの依頼を受け樹脂部品の委託生産を行う業務も手掛けています。

ENTRY

HOME